口蹄疫:豚にも感染の疑い 国内初 宮崎 範囲も広がる
宮崎県の畜産農家で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)が相次いで発生した問題で、農林水産省と県は28日、1例目の都農(つの)町の農家から南西に約70キロ離れた同県えびの市で新たに感染疑いの強い肉牛▽川南町でも感染疑いの豚が確認されたと発表した。


とうとう豚でもでちゃいましたねぇ・・・

牛の感染が広がってるっぽいので、豚で出るのも時間の問題だろうとは思っていたけどねぇ。


中国・韓国でも出てるのよね


まぁ、あそこは、あぁいう国だから・・・宮崎の感染源もあの辺が関係してるんだろうねぇ・・・


で、GW直前という発表のタイミングがなんだかアレです。

連休直前で 多少上がるかな? というタイミングでこの発表。

宮崎県の牛・豚は出荷停止になるので「肉が足りなくなる?」と相場が急騰するかも?

野菜は高値が続いてるが、肉はずっと相場が低迷してるので、なんでもいいから相場があがるきっかけになってくれないかな~・・・・(感染が確認された農場の人には申し訳ないが)

口蹄疫(こうていえき、学名:Aphtae epizooticae、英語: Foot-and-mouth disease、通称FMD)は、家畜の伝染病のひとつ。偶蹄類(牛、水牛、山羊、羊、鹿、豚、猪、カモシカなど)やハリネズミ、ゾウなどが感染するウイルス性の急性伝染病。日本では家畜伝染病予防法において家畜伝染病に指定されており、対象動物は牛、水牛、鹿、羊、山羊、豚、猪。OIEリストA疾病。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia):口蹄疫』)




関連しそうなentry

  • No Related entry