暮れから計画していた90cmリセット。
ようやく必要な機材が揃ったので実行。

じゃまになるライト外して、バケツに水を少し抜く。
水草を片っ端から抜いてバケツへ。
流木も取り出して、乾いてしまわないように(やはり)水槽の水を入れたバケツへ。

さらに水を抜いて、外に用意した桶へ
(ここに魚たちを一時退避していく)
ある程度 桶に水を移したら水温が下がらないようにヒーターをセット。
ダイジョブだとは思うが、念のためエアレーションのぶくぶくもセット。

そして、魚を網で掬っては桶へ、掬っては桶へ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


めんどくさい(;´Д`)

魚は逃げ回るし(当たり前)、そのたびにゴミが舞い上がって水が濁って魚見えなくなるし、途中でイヤになった(;´Д`)

もうめんどくさいから、まだ魚も水も入ってる状態から底床(底の土)を取り出す。
取り出す、取り出す、取り出す・・・・・
これもめんどくさい(;´Д`)
が、これは途中でやめるわけにはいかんので、頑張って全部取り出す。
デカイバケツ(20L?)2個分あった・・・どんだけ入れてたんだ俺(;´ω`)

魚も水も入った状態だけど、この状態から機材をセットしていく。

右半分に塩ビパイプで作った底面フィルター(吹き上げ用)、ヤフオクで落札したエーハイムの底面フィルターをセット。
エーハイム底面フィルターから吸い上げて外部フィルターを通って塩ビパイプフィルターから吹き上げる。
これだけだと上の方の水が動かないので、水中ポンプでエーハイムの底面フィルターから吸い上げて時計回りに水流が出来るようにしてみる。

で、さらにヤフオクで落札したアクリルは材(アクリル板の切れっ端)で作った衝立を置いて、塩ビパイプから出た水が直接吸い込まれてしまうのを防ぐようにしてみる。

せっかく仕切ったので、吹き上げ側には白い砂を入れてみる。
反対側(吸い込み側)には、今まで使っていた焼き赤玉土を戻す。

ここまで来ればあとは早い。

半分くらいまで水を入れて外部フィルター稼働開始。
排水側も水没してる(底面吹き上げになってる)ので、なかなかホース内のエアが抜けずに10分くらい始動用ポンプをキュポキュポ・・・(;´ω`)

左半分(焼き赤玉土側)に適当に流木を置いていって水草も植えて・・・
右半分(白い砂側)は適当に石を置いて水草はあんまり植えないことにする。

桶に退避していた魚たちを水と一緒に戻す。
どうせなら新しい水を入れたいところだけど、そうすると(魚からみて)水質が急に変わってストレスになるので、今日のトコロは濁りまくった古い水で我慢(;´ω`)

水中ポンプもちゃんと水没したのを確認して電源ON。

おっとヒーター忘れてた・・・流木や水草で隠れるあたりにセットして電源ON。

ライトも戻して・・・完成ヽ(´▽` )ノ

でも写真はありません(;´ω`)
あとで撮ります(;´ω`)

ん~~・・・水が濁りまくってるなぁ・・・明日になれば澄んでくるかなぁ・・・



関連しそうなentry