ようやく復旧できた・・・かも?

今日の・・・もう日付変わってるよママン(;´Д`)・・・雷のせいで自宅のネットワークがダウン。

最初は・・・なんだっけ?・・・もう順番も覚えてないぞ(;´Д`)

とりあえず、インターネットに繋がらなくなった。
⇒ ルータ再起動してみた
⇒ ルータの管理画面で回線が「未接続」のまま
⇒ ルータだけでなくONUも電源入れ直し
⇒ ルータの管理画面では「接続中」になる
⇒ が、どこのサイトにも接続出来ない
⇒ そもそも、自宅のサーバにも接続出来ない
⇒ ローカルIP側もグローバルIP側も繋がらない
⇒ 主要なLANケーブルを抜き差ししてみる
⇒ ハブも電源入れ直し
⇒ ローカルIP側は繋がったっぽいのでリモートでサーバの様子を見る
⇒ グローバルIP側のLANケーブルが「未接続」のまま
⇒ ローカルIP側ケーブルとグローバルIP側ケーブルを入れ替えてみる
⇒ そうこうしているうちにルータが応答しなくなる(フリーズ?)
⇒ 昔使っていたルータを探しだして再設定&入れ替え
⇒ グローバルIPアドレスを持つメインPCではインターネットに出られるようになる
⇒ でも、サーバにはローカルIP側・グローバルIP側どっちも接続出来なくなる
⇒ ローカルIPだけの他のPCも接続出来ない
⇒ LANケーブルをつなぎ替えしているうちにローカルIP側でサーバに繋がるようになる
⇒ リモートでサーバを再起動させてみる
⇒ 無事に再起動したようだが、やっぱりグローバルIP側で接続出来ない
⇒ ルータを元に戻してみる
⇒ ローカルIP側からサーバの様子を見るとDBサーバが起動してない
⇒ 「error 13 invalid or unsupported executable format」なんてエラーが出てる
⇒ DBサーバのHDD(XenServer内のHDDイメージ)が壊れた!?
⇒ ふと、ハブのステータスランプを見ると、そもそもサーバルーム(冷蔵庫)へのグローバルIP側LANケーブルがリンクしてない
⇒ サーバルーム内・外のLANコネクタがあやしいので、ドア開けっ放しで直にハブに繋いでみるとリンクした
⇒ 頭にキタのでコネクタを引きはがしてケーブルを直に通す
⇒ リンクはするモノの、やっぱりメインPCから繋がらない
⇒ というか、ローカルIP側も繋がらなくなった
⇒ 相変わらずメインPCからインターネットには出られる
⇒ おちつけ俺
⇒ そして、サーバルームへ行っているLANケーブルがローカルIP側・グローバルIP側で逆なのに気づく
⇒ LANケーブルを繋ぎ直したら全部復帰ヽ(´▽` )ノ
⇒ DBサーバが起動してない orz
⇒ CentOSのインストールディスクからrescueモードで中を覗く
⇒ 中のデータは無事っぽい?ブートローダが壊れた?
⇒ ブートローダだけ強制的にインストールし直してみる
⇒ どうにか起動ヽ(´▽` )ノ

コンソールから見ると起動スクリプトの途中で止まってるんだけど、MySQLやsshへは繋がるから・・・まぁ、ヨシとしよう。

読んでもワケわかんないと思うけど、書いてる俺もワケがわからん(;´Д`)

まだおかしいところあるんだけど、今日のトコロはコレで寝るかな・・・




関連しそうなentry