復旧したと思ってたら「おいらのBlogを置いてるサーバが外からアクセスできてないorz」なんて事態になってた・・・

サイドバーのTweetが拾えなかったりしてたんでおかしいな~って思ってはいたんだけど・・・

ホストマシンであるXenServerを調べたら、グローバルIP側NICもローカルIP側NICもちゃんと認識されて「接続」状態になってるし、なんで・・・???
って、「NIC__tmp424711041」ってなんだ?
存在しないNICが認識されてる?
んでよくよく調べると、その存在しないNICがグローバルIP側とbridgeされちゃってる。
「存在しないNIC」なので「未接続」状態・・・
え?なにコレ?

XenCenterやxsconsoleからじゃ削除できないので、コンソールから「NIC__tmp424711041」の設定スクリプトを削除してみるが、再起動すると復活してくる(;´Д`)?

全くワケがわからん・・・


どのみち、サーバ再編する予定でサーバルーム(米保管用冷蔵庫)に新サーバ(ML110G7)を置いてあったので新サーバで稼働させるために急遽移行作業開始。

CentOSをインストールして、(とりあえず)このBlogのデータだけコピーしてApacheの設定をして、元のサーバのグローバルIP側NICを落として・・・・・あ?ゲストOSにも正体不明なNICが追加されてる??

まぁどうせ移行させるんだし、おかしくなってもいいや・・・って正体不明なNICを無理矢理削除してみた。

何故か直った


ホストであるXenServerには相変わらず正体不明なNICが認識されたままだが、なぜか普通に接続出来るようになった。

全くワケがわからんが・・・とりあえずこのままにしよう(;´Д`)



関連しそうなentry