昨日の夕方の雷雨で またこのサーバがおかしくなってた(;´Д`)

sshでローカルIP側からアクセスしてイロイロ確認してみる。
(セキュリティ確保のためグローバルIP側からはsshで入れないようにしてある)

Apache(Webサーバdaemon)は起動してるのにブラウザでアクセスすると「サーバが応答していません」になる(;´Д`)


コマンドラインでアチコチ見て歩くのも面倒なのでwebminでアクセス(横着すんな)
必要なサービスは全部動いているように見える。
ネットワークの状態とか見てみるも異常があるようには見えない。

あれ?なぜかデフォルトゲートウェイがローカルIP側(192.168.0.101)になってる?
これのせいか?
え?101?
ルーターは192.168.0.1のはずだが・・・101ってこのサーバ自身?
なんでこんなことに?

wemin上でデフォルトゲートウェイを変更しようとすると何故かエラーになるのでコマンドラインから変更。
[bash]
[root@server ~]# route add default gw 210.136.83.1
[root@server ~]# netstat -r
Kernel IP routing table
Destination Gateway Genmask Flags MSS Window irtt Iface
210.136.83.0 * 255.255.255.248 U 0 0 0 eth1
192.168.0.0 * 255.255.255.0 U 0 0 0 eth0
default gateway.kvs.jp 0.0.0.0 UG 0 0 0 eth1
[root@server ~]#
[/bash]
念のためapacheも再起動させてからブラウザでアクセスしてみる。

・・・・・それでもダメorz

もしかしてホストのXenServerのほうに原因がある?
ってXenCenterでホストの状態をチェックしてみるも、やっぱり異常があるようには見えない。

相変わらず正体不明なNICは残ったままだが、仮想マシンへの割当は変わってないし、NIC1(グローバル側)の状態も正常っぽい。

わけわからんので、とりあえずサーバルームへ行ってLANケーブルを繋ぎ直ししてみる。
それでも直らん。

暑さのせいなのか疲れなのか、PCモニタ眺めてると気持ち悪くなってくるので、諦めて寝てしまう(;´Д`)

・・・・・・・・

そして今朝、もう最後の手段としてサーバ丸ごと(XenServerごと)再起動。
(これやってXenServerが起動してこないと自分の部屋とサーバルームを行ったり来たりすることになるので夜にはやりたくなかった(;´ω`))

5分くらい待ってXenCenterでアクセス。
無事に起動したっぽい。

各仮想マシンも自動起動したのを確認してブラウザでこのBlogへアクセスしてみる。

お?なんか応答が鈍いけどアクセスできたヽ(´▽` )ノ

でも、iPhoneで外部(インターネット側)からアクセスしてみると やっぱり繋がらない(;´Д`)

もしかして・・・とwebminでネットワーク設定を確認したらデフォルトゲートウェイが元に戻ってる(192.168.0.101)orz
またコマンドラインで強制的にデフォルトゲートウェイを設定し直し。

今度こそ直ったヽ(´▽` )ノ

長かった・・・・・・・



関連しそうなentry