MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題」より

43人の犠牲者を出した長崎県雲仙・普賢岳大火砕流(91年6月3日)で被災し、今年6月、同県島原市で14年ぶりに発見されたテレビカメラの映像と音声の復元に、カメラを所有していた日本テレビとメーカーのソニーが成功した。(@MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題)

 カメラは災害で亡くなった小村幸司カメラマン(同26歳)と、ビデオエンジニアの狐崎(こざき)敦さん(同30歳)が使っていたもの。火砕流の衝撃で壊れ、内部までぎっしり火山灰が詰まっていた。ビデオカセットも熱で変形し、映像が残っていると思える状態ではなかった。
(@MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題)

 

こ~いった部分だけ読むと、「これを復元したのか、すげ~」って思うけど・・・

そして「大変危険です、避難してください」と3度呼びかける警察官。レインコート姿で山に向かう毎日新聞写真部の故・石津勉記者(当時33歳)らを映し、午後4時8分の大火砕流後、不意に地面を向いて終わるという。
(@MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題)

警官の避難指示無視して被災地に飛び込んで死んでるんだよね。タダの馬鹿じゃん?
たしか、この警官も亡くなってる。馬鹿なマスコミがスクープ狙いで飛び込んでいったのを連れ戻しに行って巻き添えですよ。住民が避難して家が無人なのをいいことに、勝手に家に入り込んでたヤツまでいたらしいね。

 日本テレビは遺族や関係者に映像を見せて放送の承諾を取り、番組制作を進めている。映像は10月17日午前0時25分から日本テレビ系「ドキュメント’05」で放送される予定
(@MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題)

↑らしいが、この辺をどう放送するのか楽しみだな(苦笑

↓続きは2ちゃんねるスレ「【マスコミ】”その瞬間まで” 43人犠牲の「雲仙火砕流」、死亡したカメラマンのカメラの音声復元に成功」からのコピペ。2ちゃん嫌いな人は見ない方がヨサゲ(;´ω`)


2ちゃんスレより、気になった書き込みをコピペ

504 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:29:22 ID:+vOAzsew0
74 名前:雲仙噴火の時投稿日:2001/03/02(金) 00:07
○当時の地元の人の声
消防団員の弁
消防団はあんな所まで行く必要はなかった。下に避難しとったんだ。それをテレ
ビ局が留守宅に入り込んだんで、しかたなく戻ったんだ。おたくらは仕事だ。給
料もらってんだろ。うちらは奉仕よ。何が報道の自由だ。あんたらさえいなけれ
ば、被害は半分もなかった

島原警察署の上野松造次長
モラルの低下もあったし、危険なのでマスコミには下がってほしいと何度もいっ
た。自分の命は自分で守るなどといっていた記者さんもおったが、記者を避難さ
せようとして巻き込まれた者もおるとです

島原市災害対策本部 林田正生市民課長 59
ある地区で、雨で土石流の危険が増して避難しようとしているところ
を、泥のついた靴のまま板張りの部屋へ上がりこんできて撮影した
社があり、地区全体がマスコミ嫌いになったということもありました
(@【マスコミ】”その瞬間まで” 43人犠牲の「雲仙火砕流」、死亡したカメラマンのカメラの音声復元に成功)

534 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:17:31 ID:eOph5wzC0
>>1
俺は当日と翌日の夜のニュース番組を忘れねえ。
髭市長と幹部を番組に呼びつけてマスコミ関係者多数が死んだことを取り上げ
「なぜ避難命令をもっと真剣に出さなかったのか!?」と問いつけたシーンは忘れられん。
住民はみんな避難しており、残ってるのはマスコミ関係者とそれを批難させようとする消防・警察関係者だけだった。それなのに「もっと強く警告してくれればこんな惨事を回避できたかもしれない」だ。

当時餓鬼だったが、流石にこの理屈には怒りを覚えた。お前のことだTBS。
(@【マスコミ】”その瞬間まで” 43人犠牲の「雲仙火砕流」、死亡したカメラマンのカメラの音声復元に成功)



関連しそうなentry