試作(?)で塩抜きが足りなかったっぽいので、明日の燻煙を前に塩抜きをしてしまう。

午前9時。ピックル液から引き上げて、肉を鍋に放り込む。

水をザバザバと入れながら肉を揉む。も~、親のカタキのように揉む

何度か水を換えながら(揉んでいる間も水は流しっぱなしだったが)ひたすら肉を揉む。

ハムを作っていると言うより手打ちうどんを打っているような気分(笑)

30分くらいで飽きてきて(ぉぃ)鍋一杯まで水を張って放置。

12時。ロースの端をちょっと切って焼いて食べてみる。

まだ しょっぺぇぇぇぇぇぇ(;´Д`)

また、水を換えながら親のカタキのように揉む。で、水を張ってまた放置

16時。再び味見。今度はいい感じヽ(´▽`)人(´▽`)ノ

なんか肉の旨味まで抜けてしまったような気もしないでもないが(;´Д`)まぁ、こんな感じだろう。

水から上げてキッチンタオルで水気を良く拭き取って、形を整えるためにタコ糸で縛る。本当はセロファンだかサラシ布だかで巻くらしいが、用意してないのでタコ糸だけである。

まだ水分が出そうなので、念のためキッチンタオルでグルグル巻きにして冷蔵庫に寝かせる。

いよいよ明日燻煙(´ー`)

あ、塩抜き作業に夢中だったので 写真撮ってないorz



関連しそうなentry