ブロードバンド常時接続によってインターネットが身近になり、各種無料ブログサービス等で HTMLやWebの専門知識ナシに手軽に情報発信ができるようになった。
が、その裏でいろいろな問題が起きているのも事実。
以下のコラムが なかなか考えさせられる。


他人事じゃないですよ。
手軽に書ける分、ついうっかりしたことを書いちゃって、そしてこんなことになっちゃったりね。

「このBlog(Webサイト)のURL(アドレス)なんて 友達にしか教えてないし~、見に来るのも友達だけだから~」なんて勘違いしちゃってたんでしょうな。

パスワードロックでもかけておかない限り 誰でも見に来られるワケだし、Blogサービスによってはトップページで「最近更新されたBlog」って感じで一覧表示されたりするんで、URLを知らなくても偶然知ってしまう可能性もある。
それよりもGoogle等の検索サイトからキーワードがHitして見に来る可能性が高いかな?

アクセス解析見てると「なんじゃこりゃ?」って感じのキーワードで検索して このサイトがHitして見に来てる人も意外といる。
「MAX ヤマハ」「チート」「自家製ハム」なんてのは ちょっと前に記事に書いたのでわかるんだが、
  • 許可がありません
    Linuxネタの記事かな?
  • ごあいさつのうた
    ほえ??
  • 調達革新
    え~と??
  • 看護学校 推薦書の書き方
    なぜ このキーワードでこのサイトがHitするんだろう?
もっとあるけど、まぁこんな感じ。

で、なんだっけ?・・・・・あ~、つまり
どんな人が見に来るかわからないので、Blogやサイトで公開する文章はよく考えましょう
ってことです。



関連しそうなentry