今日は つくばのケーズデンキへ行ってきた。

家庭内LANの配線を変えるのにLANケーブルのコネクタとかブーツを買ってくるだけのハズだったのが、ふと目に付いたMicrosoft Natural Ergonomic Keyboard 4000を衝動買い(笑)

もともとNatural Keyboardの英語版を使ってて この形が気に入ってたんだけど、最近どこへ行っても同じのが売ってなくて(生産終了品だしねぇ)、展示品を触ってみた感じで現行型で一番しっくり来たのがこのMicrosoft Natural Ergonomic Keyboard 4000だった。

この系統のキーボードで気に入ってるのは、何よりスペースバーがデカイこと。
日本語キーボードだと「変換」「無変換」キーがあるせいでスペースバーが小さいキーボードが多いのね。
「変換」「無変換」キーなんてほとんど使わないのに、スペースバーはゲームなんかではよく使う(変換もスペースバーでしちゃうし)からスペースバーが小さいのはちょっと不便なのよ。

さて、使ってみた感じ・・・
ちょっとキーが硬いかな?新品だからかな?使っていれば慣れるかな?
前は英語版だったが今回は日本語版なのでShift+キーで出す記号の位置が違う、これは慣れるまで誤入力しまくりそうだな(;´ω`)
やっぱスペースバーがデカイのはいいねぇ。あれ?CTRLとALTキーが意外と小さい。ちょっと不便かも?展示品を触ったときに気付くべきだったな(;´ω`)まぁ、慣れりゃOKだろう。

キーボード上部に付いてるホットキー。
これ自由に割り当て変えられるのね。
昔、やっぱりホットキー付きのキーボードを買ったとき、割り当てがほとんど固定で しかも不安定だったんでホットキー付きキーボードは敬遠してたんだけど、このキーボードのはいい感じ。
早速いくつかのゲームをホットキーで起動できるようにしてみた ← ゲームかよ!!



関連しそうなentry