電源が入らなくなってしまったDSも直ってきたヽ(´▽`)ノ

電源が入らなくなったのが1/18、

翌1/19に「任天堂 オンライン修理受付」を申し込んで、即日発送。

1/24に「修理品をお預かりしました」のメールが来た。

1/28に「修理見積もりができたので修理可否の判断をお願いします」のメール。
上部パネル交換で5000円とのこと・・・まぁ、しゃぁないやね。ってことで修理依頼。

2/4に「発送しました」メール

そして今日2/5、代金引換で届いた。
開けてみれば「新品同様」となったDSLiteが!ヽ(´▽`)ノ

おそらく、任天堂では 故障で送られてきたDSをすぐに修理するんじゃなくて、とりあえず原因だけ確認して「修理するとこれだけかかる」って見積もりを出して、修理済みの別なDSを送るようにしてるんだと思う。なので、シリアルナンバーが変わる。

ただ、噂だが「本体に貼ったシールがそのまま貼られた状態で戻ってくる」ことがあるらしい。それでも本体は新品同様に変わっていてシリアルナンバーも変わってるという・・・
交換せずにいちいちバラして修理してるのか?ま、まさか、シールをキレイに剥がして貼り直してる!?
謎が謎を呼ぶDSの修理!!

ま、おいらは直ればそれでいいんですけどね(´ー`)



関連しそうなentry