名前の通り、qmailのWeb管理ツール。
バーチャルドメイン・バーチャルユーザー・メーリングリストの管理もできる。



インストール

qmailadminのインストールには以下のソフトが必要
  • qmail
  • vpopmail
  • ezmlm or ezmlm-idx
  • apache
  • autoresponder
適当なディレクトリにDownload後、解凍
[shell gutter=”false]
# tar zxvf qmailadmin-1.2.0.tar.gz
# cd qmailadmin-1.2.0
[/shell]

パラメータを設定してconfigure
[shell gutter=”false]
# ./configure \
–enable-htmldir=/var/www/html \
–enable-cgibindir=/var/www/cgi-bin \ (suExecが許可されているディレクトリであること)
–enable-cgipath=/cgi-bin/qmailadmin \
–enable-imagedir=/var/www/icons/qmailadmin \
–enable-imageurl=/icons/qmailadmin \
–enable-help \ (HELPページへのLinkが作成される?)
–enable-modify-quota \ (ユーザ毎にquotaの設定ができる)
–enable-domain-autofill (VirtualDomain使用時、Login画面のドメイン項目に自動的にVirtualDomain名が入る)
# make
# make install-strip
[/shell]

http://(サーバーのURL)/cgi-bin/qmailadmin
でlogin画面が表示されればOK



このブログで関連すると思われる他の投稿

関連しそうなentry